エチオピア自転車部アワサ本部


エチオピアのアワサで、自転車と共に過ごす日々を、部誌っぽく綴っていきたいと思います。
by masayoshio_derosa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

裏日記1

この日の出来事は、全然楽しくない内容なので、興味ない人は読まないで下さい。



この日、学校でのNation Dayのお祭りの後に、学校の裏手の道から家に帰る事にしました。
最近は、毎日ランニングか自転車かどちらかのトレーニングを欠かさないようにしており、今日は、帰宅後着替えて再度自転車に乗る余裕が無い時間だったので(pm5:30)、学校の裏手にある「タボール山」と呼ばれている丘?に自転車で登ってから帰る事にしました。
で、20分ほどかけて登った頂上付近で、強盗に遭いました。

相手は二人でした。最初何か話しかけてきたので、止まって話を聞いた所、「Chinese, I want to fight you.」とか、「Give me something.」とか言ってきたので、無視しようとしたら、一人に自転車のサドルをかなりガッチリ捕まれて身動き取れない状態に。その時点では本気かどうか分からなかったので、適当に話して逃げようとしていたら、いきなり脇腹を蹴られました。
で、その後は体中を殴られ、蹴られました。サングラスとか、iPodとかを盗られないようにしていたら、その間にもう一人が自転車を盗って逃走。その間、10分くらいずっと攻撃されてました。

自転車で頂上付近に至るまで自転車に乗っていた事もあって、妙に頭が冴えており、かつ向こうが全然ケンカ慣れしていなかった事(多分)も幸いし、大声出して助けを呼びつつ、ひたすら攻撃を避けたり持ち物を盗られたりしないようにしていたら、人がワラワラ集まってきて、犯人は逃げていきました。

自転車盗った方の犯人が逃げた方向は、崖になっていて自転車では走れない道なので、すぐにそっちへ向かって走り、「自転車盗られた!!犯人こっちに来た?」ってその辺にいる人に聞きながら走りました。ギリギリ自転車でも下りられるか下りられないかの崖っぷちの道付近にいた人達から、この辺を自転車は通ってないっていう証言が得られたので、ワラワラ集まってきた地元の人達に協力してもらって、現場付近を山狩りしました。
その結果、茂みの中に隠されていた、盗られた自転車を発見出来ました。(当然その時に山狩りに協力してもらった人達からはお金をねだられましたが・・・)
で、その自転車に乗って下山し、すぐに職場へ。事情を説明して、その時点で学校に残っていた副学長、学科長等、かなり偉い人達に付き添われて、警察→病院へと行きました。
病院へ行った時に、初めて顔が殴られた事による怪我だらけって事に気付きました。鏡で顔を見た時、内出血は無かったけども、殴られた痕が5~6箇所ある事に気付き、やたら顔がヒリヒリしていたのは汗かいたせいではないと分かり、結構落ち込みました。
エチオピアに来て、間違いなく最悪な出来事でした。
[PR]
by masayoshio_derosa | 2010-12-07 02:19 | 日常
<< Nation day? お誕生日会 >>